肌のダメージ減少

ブラシ

化粧品に配合されている成分でかゆみや赤みができやすい敏感肌の方は、ファンデーションを塗らないという方もいらっしゃいます。 しかし、外には肌にダメージを与える要因が幾つもあって、紫外線や空気中の有害物質などから肌を守る必要があります。 日焼け止めのみだとその力も弱く、敏感肌を悪化させてしまうこともありますから、ファンデーションで肌を守るのも一考です。 刺激を与える化学物質が使われていないパウダータイプのファンデーションや、ミネラルファンデーションなら、敏感肌の方でも使用することができます。 パウダータイプなら肌への密着率も弱く、肌トラブルも起きにくいです。 パウダーの粒子が紫外線や空気中のウイルスなどが、肌へ入り込むのを防御してくれますので、肌に合うものを探してみましょう。

刺激などに弱い敏感肌にとっては、成分をしっかりとチェックして自分に合うファンデーションを使うのが大切です。 また、ファンデーションだけでなく、それを塗る時に使うパフやブラシなどのメイク道具も、肌に刺激を与えないものを選ぶようにしましょう。 硬すぎるブラシや繊維の荒い毛羽立ちしやすいパフなどは、避けるのが賢明です。 また、これらのメイク道具はいつも清潔にすることを心がけて、まめに洗うようにしましょう。 肌に優しいミネラルファンデーションなら全部安心というわけではありません。 ミネラル分が少しでも含まれていれば、ミネラルファンデーションと名乗ることができるので、肌に良くない成分が含まれていないかをしっかりと確認しましょう。